お見積もり・ご相談

電話番号: 0120-93-9716
Web相談・お見積もり
LINE相談はこちら

外壁のチョーキング現象とは?

尾張旭市・瀬戸市・長久手市・守山区で地域密着!

外壁塗装リフォームや屋根塗装リフォーム・防水工事はもちろん、外構工事や水廻り工事(内装工事)などのお家のリフォームなんでもお任せください!リメイクホームです。

 

「外壁を指で触ると粉がつくから外壁塗装をしたほうがいいよ!」ときいた事はないでしょうか?

これはチョーキング現象と言われる代表的な経年劣化の1つで、窯業系サイディングボードやALCパネル・モルタル壁などのほとんどの外壁材で発生します。大切なマイホームを守るためにもチョーキング現象について知って頂ければ、外壁塗装工事の検討をいつしていこうかなどの判断材料の1つになり計画性を持って家のメンテナンスをすることができます。では、チョーキング現象とはどのような経年劣化なのでしょうか。

今日は、チョーキング現象について詳しくお話してきたいと思います。

 

家のメンテナンスについて詳しくはこちらをご覧ください。

家のメンテナンスは必要?時期や必要性を解説! | 外壁塗装のリメイクホーム – 尾張旭/瀬戸/長久手/守山/多治見エリアの屋根修理塗装&防水工事 (remake-home.co.jp)

 

外壁塗装リフォームや小さなお困り事などのお問い合わせはこちらをクリック!

 

このページでわかること

 

チョーキング現象とは

チョーキング現象とは、紫外線や雨水(湿度)・温度の3つ要素が影響して基材(外壁材)に塗装している塗料が劣化することにより顔料(チョークの粉のような物)が浮き上がり、手などで外壁を擦ると顔料が手に付着してしまいます。この付着した粉のことをチョーキングと呼びます。これは、防水塗膜が劣化しているサインの1つであり、塗膜を形成している樹脂が紫外線や雨で削り取られて着色成分である顔料が露出してきている状態です。したがってチョーキングしている外壁塗膜は劣化して外壁を守る防水性が切れてしまっていることが分かります。

チョーキング現象は別名、白亜化(はくあか)現象とも呼ばれます。

原因図解

塗料はアクリル・ウレタン・シリコン・フッ素・無機という合成樹脂と呼ばれる樹脂顔料と呼ばれる粉末(色を付けるための粉)、さらに添加剤を混ぜ合わせて出来ています。上記でもご説明しましたが、チョーキング現象が起こる主な原因は、紫外線や雨水(湿度)・温度などの影響です。紫外線や雨が塗料を攻撃すると、まずは樹脂が劣化し顔料が浮き出ます。(上記図を参考) 

浮き出た顔料は、さらに紫外線や雨などの影響で日々劣化していき、さらに劣化速度を速めて進行していきます。一度チョーキングすると劣化速度はぐんぐん加速していく事が予測できます。

クリヤー塗膜の場合

冒頭ではほとんどの外壁材でチョーキング現象が起こると言いましたが、クリヤー塗膜が施工されている外壁材はチョーキング現象が出にくいケースがあります。
上の図のようにエナメル塗膜の上にクリヤー塗膜が施工されている場合、クリヤー塗膜がエナメル塗膜を保護します。紫外線や熱などの影響を受けてもクリヤー塗膜が先に劣化する為、顔料を含む意匠層とエナメル塗膜が劣化するまでスピードが緩やかになります。そのため、クリヤー塗膜を施工している外壁材はチョーキング現象が発生しづらいのです。
「チョーキング現象が出ていなければ外壁塗装をしなくてもいいのか?」と思いがちですが、外壁以外の目地(シーリング箇所)が破断したり、外壁材自体が熱により劣化しひび割れや反りが出ているケースもあります。また外壁だけではなく屋根材が薄型スレート屋根を使用している建築物の場合そちらが著しく劣化している場合もある為、外壁がチョーキングしていなくても定期的な診断を行いメンテナンスの計画を立てる必要があります。クリヤー塗膜が施工されていてチョーキング現象が発生していないからという理由で外壁塗装工事をしなくてもいいという判断にはなりません。

 

●チョーキング対策が得意なリメイクホームにお問い合わせはこちらをクリック!

 

チョーキングの確認方法

1.水で外壁が変色するかどうか

外壁にわざわざ水をかける必要性はありませんが、雨の日に外壁が変色しているかどうか確認してみましょう。

外壁が水にしみたように色が変色している場合は、外壁防水塗膜が劣化している可能性が高くチョーキング現象が発生していることが多く見られます。

防水塗膜が劣化すると、雨水や結露などで外壁が水分を吸収してしまう為、劣化度合が分からない場合は業者に相談することをおすすめします。

 

2.外壁を指で触る

日の良く当たる外壁を指で触ってみましょう。この時に指にチョークのような粉が付着すればチョーキング現象が発生しているということになります。

またリシン仕上げの場合は、砂粒が指に付くかどうかで外壁防水塗膜が劣化しているかどうか判断することができます。

チョーキングテスト判断基準

※旧建築大臣官房技術室(国交省)「外装仕上げの耐久性向上技術」より引用

上記の図の様に、外壁を指で触ったときに手に何も付着しない場合は心配ありません。しかし、チョークの粉のようなものが多少付着するようであれば外壁塗装の検討を始めた方がよい頃合いと判断できます。チョーキングがしっかりと付着するようであれば塗替えが必要の時期と言えます。

チョーキング現象は外壁防水塗膜が劣化しているサインと言える為、放っておくと大きな傷みへと繋がってしまいます。早めに外壁塗装をし大切なお住まいのメンテナンスを行いましょう。

 

●チョーキング対策が得意なリメイクホームへお問合せはこちらをクリック!

 

 チョーキング現象が始まったら

チョーキング現象が始まったらまずは、業者さんに依頼して診断してもらいましょう。

チョーキングを放っておくと、外壁防水塗膜が劣化している為どんどん水が浸透してしまい外壁の浮きやひび割れと言った大きな劣化へと繋がってしまう可能性が高くなります。またそこから雨漏りに繋がってしまうケースもあります。

大切なマイホームを守るためにも、素人ではわからないからと放置せずにリメイクホームまでお問い合わせください。ご相談だけでも構いません。

 

まとめ

チョーキング現象とは、外壁を指で触ったときに付着するチョークのような粉の事を言います。外壁防水塗膜が劣化しているサインになるので、チョーキング現象が現れた際には放置せずにできるだけ早く外壁塗装リフォームを検討しましょう。

 

外壁塗装工事は費用も掛かる為なかなか重い腰が上がらない・いつやれば良いか分からない・どの業者に頼めば良いか分からないなどの理由があるとは思いますが、チョーキング現象の劣化度合で様子を見ながら計画的に進めることもできます。当社にお任せいただければ安心ですが、心配でしたら3社くらいに相談して相見積もりを取るのも良いでしょう。

大切なマイホームの劣化状況についてお不安がある際はリメイクホームまでお問い合わせください。ご相談だけでも構いません。

 

新春初売りキャンペーン開催中!!!

キャンペーン期間中!是非この機会ににショールームへお越しください^^

 

各リフォームについて

外壁塗装料金プラン

屋根塗装料金プラン

屋根カバー工法のメリット

防水工事について

玄関ドアカバー工法(リシェント)について

 

愛知県尾張旭市、瀬戸市 長久手市 名古屋市周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!もちろん内装、水まわり工事も承ります。相談、お見積りは無料です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ