お見積もり・ご相談

電話番号: 0120-93-9716
Web相談・お見積もり
LINE相談はこちら

屋根のカバー工法とはどんな工事?わかりやすく解説!

尾張旭市・瀬戸市・長久手市・守山区で地域密着!

外壁塗装リフォームや屋根塗装リフォーム・防水工事はもちろん、外構工事や水廻り工事(内装工事)などのお家のリフォームなんでもお任せください!リメイクホームです。

カラーベストを使用してるお宅で屋根のメンテナンスをする際に、いずれ屋根のカバー工法が必要になると営業マンから言われた事がある人も多くいると思います。

実際に薄型スレート材(カラーベスト)は何度も塗装でメンテナンスを行っていても築30年以上経過するとカラーベスト本来の機能が低下してしまう為、屋根の葺き替えかカバー工法が必要になります。

では、屋根のカバー工法とはどんな工事なのでしょうか?

今日は、屋根のカバー工法のついて詳しくお話していきたいと思います。

 

屋根のリフォームや小さなお困り事などのお問い合わせはこちらをクリック!

 

このページでわかること

屋根カバー工法とは

屋根カバー工法の流れ

屋根カバー工法のメリット・デメリット

メリット

デメリット

屋根カバー工法の検討時期は?

まとめ

各リフォームについて

屋根カバー工法とは

屋根のカバー工法とは、写真のような薄型スレート屋根(カラーベスト)の上に新しい屋根材を上から軽い屋根材で重ねて施工していく工事方法です。

別名、重ね葺き(かさねぶき)とも呼ばれます。

近代の一般住宅では価格面やデザイン面また地震大国である日本の国の耐震性の面から重量が少ないカラーベストが多く普及し始めました。ところがカラーベストは初期投資の費用が安く済むという反面、定期的な塗装メンテナンスが必要で、メンテナンスコストが掛かってしまうという欠点があります。長期間(20年程度)メンテナンスをせずに放置した場合には張り替えが必要で最悪の場合には初期投資で抑えたコストを超えることもしばしばあります。しかも発売当初のカラーベストは強度を出す為に※アスベスト※を含んだタイプのものが多く、簡単に撤去・処分が出来なくなった為張り替えによるメンテナンスが簡単ではなくなりました。そこで採用されるようになったのが屋根のカバー工法です。屋根のカバー工法ならアスベストの撤去・処分が不要な為コストが抑えられる点や既存のカラーベストの上にルーフィングと呼ばれる防水シートを敷いて施工することから防水の面でも張り替えメンテナンスより有利になります。さまざまな観点から見て屋根のカバー工法は非常に優れたメンテナンス方法と言えます。また屋根のカバー工法の際に採用されている軽量金属屋根材の多くは耐久性が30年以上が期待できる為、一度施工をすると長期間メンテナンスをする必要が無くなります。

※アスベストは2004年ころに有害で健康被害が出ることが分かり簡単に撤去・処分が出来なくなり法律で規制されています。

屋根カバー工法の流れ

屋根カバー工法の施工の流れはこちらになります。

①足場組

②棟の撤去

③新しい防水シート取付

④新しい屋根材の取付

④役物の取付(棟の板金等)

⑤足場解体

外装工事なので天候に左右されてしまいますが、良い天気が続けば30坪程度なら約7日間程で施工出来る場合が多いです。

葺き替え工事とは違い、既存の屋根を下ろさずに上からカバーしていくので葺き替え工事と比べると施工日数が短くなります。

※注 屋根の面積が大きかったり、6面以上の多面の屋根の形状の場合は役物が多く必要になり金額が通常の切り妻の形状より多く掛かるケースがあります。

 

屋根カバー工法や小さなお困り事などのお問い合わせはこちらをクリック!

 

屋根カバー工法のメリット・デメリット

上記でも多く記載しましたが、屋根カバー工法のメリットと記載をしなかったデメリットを見ていきましょう。

メリット

工事費用が抑えられる

足場を組んで行う工事なので費用は掛かりますが、葺き替え工事と比べると既存の屋根を下ろすための人件費や廃材処理費が必要ないので費用を抑えることができます。

工事期間が短い

天気によって左右されますが、既存の屋根を下ろす工程が無いため30坪程度なら約7日間~10日間で施工することが可能です。

断熱効果が期待できる

使用する軽量金属性の屋根に断熱材がついているものを使用すれば、断熱効果が期待できます。

その他屋根カバー工法のメリットについてはこちらをご覧ください。

屋根塗装・屋根カバー工法 | 外壁塗装のリメイクホーム – 尾張旭/瀬戸/長久手/守山/多治見エリアの屋根修理塗装&防水工事 (remake-home.co.jp)

デメリット

屋根が重くなる

金属屋根材は非常に軽量とは言え既存の屋根の上に新しい屋根材でカバーしていく為、カバーした屋根の分重くなってしまいます。

太陽光パネルが設置している場合

今でこそ様々な太陽光取り付け金具がありますが、金属屋根材を施工してしまうと、重たいものが上に乗せられなくなる為太陽光パネルの設置が困難になるケースがあります。※太陽熱温水器においては再設置が出来ませんので注意が必要です。

屋根の劣化状況によっては施工できない

既存の屋根の上に新しい金属性の屋根材を張っていくので、既存の屋根の劣化が激しい場合は新しい屋根材を支持する為のビスや釘を打っても下地がグズグズでは効かない為カバー工法自体が施工できません。

限られた屋根材しか施工できない

基本的にカラーベストと呼ばれる屋根材はスレート形状の為上からルーフィング材や屋根材が設置出来ますが、瓦を使用されているお宅の場合では、屋根のカバー工法は施工出来ず、一旦既存の屋根を撤去する葺き替えによる施工しか出来ません。

屋根の葺き替えはこちらを参考にしてみてください。

 

屋根カバー工法や小さなお困り事などのお問い合わせはこちらをクリック!

 

屋根カバー工法の検討時期は?

カラーベスト自体の耐用年数は20~30年程と言われており、防水シートは約30年程と言われています。

下地があまりにも酷く劣化している場合は、カバー工法自体の施工ができません。なぜなら劣化した下地に新しいものを取り付けてもしっかりと固定ができないからです。カバー工法を施工したい場合は、下地が完全に劣化してしまう前に施工する必要があります。そのため築年数で考えると15~20年以上30年未満が適切な施工時期と言えます。

もちろん、立地や劣化状況によっては築年数だけで判断はできないので、見るからに傷んでいる・これってどうなの?と疑問を持ったかたは一度リメイクホームまでご相談ください。

築20年前後 施工前

カバー工法 施工後

まとめ

屋根カバー工法とは、既存の屋根材の上に新しい軽量の金属屋根を被せて仕上げる施工方法です。

既存の屋根を剥がして新しい屋根を造り上げる葺き替え工事と比べると、費用を抑えることができたり工事期間を短くすることができます。また、一度カバー―工法を施工すれば、メンテナンスの時期を遅らすことができるメリットもあります。

しかし、年数が経過するにつれ屋根の劣化状況によっては施工すること自体が不可能というケースもあります。そのため、カバー工法を視野に入れている方はどのタイミングで取り入れるのかを業者と相談しながら計画することをオススメします。

リメイクホームでは、現地調査をさせて頂いた上でお客様のご自宅にカバー工法が必要かどうか・施工できるかどうかなど把握したうえでご提案させて頂いております。

疑問点・ご相談などありましたら一度リメイクホームまでお問い合わせください。

 

各リフォームについて

外壁塗装料金プラン

屋根塗装料金プラン

屋根カバー工法のメリット

防水工事について

玄関ドアカバー工法(リシェント)について

 

愛知県尾張旭市、瀬戸市 長久手市 名古屋市周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!もちろん内装、水まわり工事も承ります。相談、お見積りは無料です。

 

ページ上部へ