お見積もり・ご相談

電話番号: 0120-93-9716
Web相談・お見積もり
LINE相談はこちら

外壁塗装で『GAINA(ガイナ)』が選ばれ続ける理由とは

ガイナとは外壁や屋根に塗布するだけで遮熱、断熱、遮音などの効果が得られる断熱セラミック塗材です。

ガイナの品質はJAXAとライセンス契約するほどの高品質でロケット技術にも応用されています。

まずはガイナを外壁や屋根、内装の塗装にもおすすめする理由をご説明します。

 

外壁塗装などのお問い合わせはこちらをクリック!

 

GAINA(ガイナ)をすすめる理由

①セラミック中空ビーズ

ガイナは断熱性能に特化したセラミックと、アクリルシリコン樹脂のいわゆるハイブリット塗料になります。

このセラミックが遮熱、断熱、防音、防臭などさまざまな効果を生み出しています。

②高耐久、省エネ

一般的な塗料の耐久年数は約10年とされていますが、ガイナは約15~20年の耐久性能があります。

さらに、断熱性に特化した塗料ですので遮熱、断熱はお手の物。

15年で約45万円もの冷暖房費の削減が見込まれます。

③宇宙にも対応する技術

日本の宇宙研究所、独立行政法人JAXAはロケット打ち上げ時の摩擦熱から大切な先端部分を保護するために塗料を開発しました。

それを住宅に応用したのがガイナなのです。

④外装だけじゃない、内装にも

家の外装にはもちろんのこと、内装にも塗布できるのがガイナのすごいところです。

特殊セラミックが光や熱を受け、遠赤外線を放出します。

遠赤外線が室内の水分子に作用し、マイナスイオン化され、空気中の浮遊物質と結合し、浮遊を抑えることで快適な空気環境を作り出します。

また、結露や騒音抑制にもなります。防臭効果もあるので、屋内の空気をきれいに保ちます。

ここまででも十分ガイナの魅力がわかっていただけたと思いますが、さらに詳しくその効果を紹介していきます。

ガイナの効果とは

①遮熱効果

ガイナを使用した場合、太陽の熱を反射、放射して家の中への熱の侵入を軽減する効果があります

内装に使用した場合、室内の熱を外に逃がさない効果も期待できるので、夏の暑い時期のエアコン効率を上げ、冬の寒い時期は暖房効果を逃がしません。

これによって省エネ効果が得られます。

実測地では年間の冷暖房費を約23%節約できるという結果も出ています

②断熱効果

いままでの断熱材といえば、保温効果によって夜間は温度が下がりにくいという性質がありました。

ガイナは従来の断熱材とは異なり、日中だけでなく夜間も温度が低い環境を実現しました。

③15年以上の耐久性

ガイナは硬化することで特殊セラミックビーズが塗膜の表面を覆いつくします。

この塗膜というのは無機質なので紫外線での劣化はありません。

それにより15~20年の耐久性能が得られます

耐久性だけでなく、先ほど紹介した省エネ実績も含めるとガイナのコスパの良さが際立ちます。

④防汚効果

ガイナの塗膜は帯電しないということを静電気実験にて実証しています。

汚れの原因となる煤煙や埃は静電気によって外壁に付着します。

ガイナは帯電しないことでこれをシャットアウトすることができるのです。

雨だれなどの汚れに関しては、親水効果があり、雨で洗い流すことができるので防汚効果のパフォーマンスを上げています

⑤防音効果

ガイナの塗膜はセラミックの中に空気を含んだ多層構造になっています。

どのように防音効果を発揮しているかというと、音が通過しようとするとまずセラミックで反射させます。

反射を繰り返し空気で吸収するという構造になっています。

塗膜内に音が侵入してきた場合にはセラミックが多層になっているので振動が軽減されるという構造です

これによって栄の前を通る車や人の声などを遮断し、室内の声も外に漏れにくい構造を実現しています。

ガイナの施工費用について

施工費用は業者にも施工業者にもよりますが、おおよそ一般的なシリコン塗装の1.2~1.5倍程度になると思われます。

耐久性、省エネ効果を考えれば長期的に見て高くはないと言えますし、耐久性が伸びればその分メンテナンス回数も少なくてすむ、という考え方をすると良いでしょう。

ガイナを使用した外壁や屋根の塗装に関しましては、お気軽にご相談ください。

 

対応可能エリア:
愛知県全域(尾張旭市・瀬戸市・長久手市・名古屋市守山区・日進市・春日井市など)

 

ブログカテゴリ

その他リフォームについて

 

愛知県尾張旭市、瀬戸市 長久手市 名古屋市周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!もちろん内装、水まわり工事も承ります。相談、お見積りは無料です。

ページ上部へ