お見積もり・ご相談

電話番号: 0120-93-9716
Web相談・お見積もり
LINE相談はこちら

外壁のデザイン性と美観を保つための【クリヤー塗装】

外壁塗装と聞くと『色を変える』というイメージがありますが、実はそれだけではありません。

今日は外壁の美観やデザインを保つための『クリアー塗装』について解説していきます。

 

外壁塗装などのお問い合わせはこちらをクリック!

 

このページで分かること

  1. クリヤー塗装とは
  2. クリヤー塗装の種類と相場
  3. クリヤー塗装のメリット
  4. 既存の外壁の外観を維持できる
  5. 通常の塗装より安い
  6. 工期が短い
  7. チョーキング現象が送らない
  8. 光沢や艶がでる
  9. クリヤー塗装のデメリット
  10. 劣化している外壁には向いていない
  11. チョーキング現象が起きている外壁に使えない
  12. 外壁の種類を選らぶ
  13. まとめ

 

クリヤー塗装とは

クリヤー塗装とは、無色透明の塗料で素材感や木目など外壁材の雰囲気を活かし、塗装を施すことで耐久性や、防汚性、防水性、遮光性など、塗料の機能を補強する塗装法のことです

通常、塗料には顔料が含まれており、それによって色がつきます。

顔料入りの塗料を使用しても全く同じ色や柄を再現することはできません。

気に入っている外壁のデザインや色をそのまま保ちたい方に最適な方法と言えます。

クリヤー塗装の種類と相場

クリヤー塗料にも一般的な外壁塗料と同じように種類があります。

耐久性や住宅の条件、予算などによって選択していくとよいと思います。

塗料 単価(1㎡あたり)
アクリル塗料 1,000~2,000円
ウレタン塗料 1,500~2,500円
シリコン塗料 2,000~3,500円
フッ素塗料 3,000~5,000円
無機塗料 3,500~5,000円

クリヤー塗装は耐候性が色を付ける時より落ちると言われています。

塗料によって耐久性や耐候性、紫外線に強いものがありますので、それぞれ塗料の特徴も抑えながら適切な塗料を選ぶことが重要です。

※相場は時期や地域によって変動します

クリヤー塗装のメリット

冒頭で説明したポイントの他にもクリヤー塗装には多くのメリットがあります。

既存の外壁の外観を維持できる

クリヤー塗装の一番のポイントと言ってもいいでしょう。

現状の外壁の見た目を維持することができます。

最近の外壁材は上の写真のようにデザイン性が高いものが主流になっています。

一度劣化によってデザイン性を損なうと葺き替えという選択肢でしかデザイン性を取り戻すことができず高額なリフォームが必要になってしまします。

見た目のままにしたいなら塗装しないという選択肢はないのか。と考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、外壁は紫外線や雨水という劣化因子によって変色やチョーキングなどの症状が出てきます。

それによって見た目は変わっていきます。

その劣化因子を抑制するためにもクリヤー塗装は有効な手段といえます。

通常の塗装より安い

クリヤー塗装は一般的な外壁塗装で行う下塗りを行う必要がありません

一般的な外壁塗装では外壁と塗料の密着度を高めるために下塗りをしますが、その手間が必要ないため、費用が抑えられます。

工期が短い

先ほど下塗りを行う必要がないと説明しましたが、その結果工期も短縮されます。

一般的な外壁塗装ですと何層にも分けて塗装するため、塗装が乾かないと次の塗装作業に移れません。

クリヤー塗装は下塗りが乾くのを待つ時間がないため通常より1週間近く早く塗装工事を終えることができます。

チョーキング現象が起こらない

外壁の代表的な劣化症状であるチョーキング現象。これは外壁塗料に含まれる顔料が原因です。

顔料が白い粉となって浮き出てしまう症状がチョーキング現象です。

クリヤー塗装はこの顔料が含まれないためチョーキング現象が発生しないという点でも大きなメリットと言えます。

光沢や艶が出る

クリヤー塗装はニスで塗装したような仕上がりになります。

手軽にデザインを変えずにイメージを変えたい方にもおすすめできます。

クリヤー塗装のデメリット

劣化している外壁には向いていない

一般的な外壁塗装には見た目を良くするという役割があります。

しかし、クリヤー塗装は透明なので劣化している部分の見た目を改善するということはできません。

チョーキング現象が起きている外壁に使えない

メリットの方で説明したチョーキング現象ですが、すでにこの症状が現れている外壁には使用することができません。

クリヤー塗装はチョーキング現象が起きないため上塗りするのは効果的と勘違いするかもしれません。

チョーキング現象の特徴として白い粉がでます。これが透明の塗料と混ざって白く濁る可能性があります。

外壁の種類を選ぶ

どんな外壁でもクリヤー塗装が使用できるわけではありません。

外壁材によって相性が良いものと悪いものがあります。

実はクリヤー塗装は相性が悪い外壁材が多いのです。

  • 表面が比較的につるつるしている金属系サイデイング
  • 無機コーティング塗料
  • 無機塗料
  • フッ素樹脂クリヤー塗装が塗装されている外壁
  • 表面がコーティングされていない窯業系サイディング材  など

自宅の外壁材はクリヤー塗装を使用できるのかを確認しておきましょう。

まとめ

クリヤー塗装がどんなものかご理解いただけましたか。

この方法は劣化のない外壁に適しているため、劣化する前にメンテナンスとして行うのがポイントになります。

これによって住宅の外観を美しく保ち、大きな劣化を予防してくれます。

結果的にメンテナンスに使う費用も抑えられることになるでしょう。

定期的な点検とクリヤー塗装で外壁の美観と耐久性を保つことができます。

 

対応可能エリア:
愛知県全域(尾張旭市・瀬戸市・長久手市・名古屋市守山区・日進市・春日井市など)

 

ブログカテゴリ

その他リフォームについて

 

愛知県尾張旭市、瀬戸市 長久手市 名古屋市周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!もちろん内装、水まわり工事も承ります。相談、お見積りは無料です。

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ