お見積もり・ご相談

電話番号: 0120-93-9716
Web相談・お見積もり
LINE相談はこちら

冬の外壁塗装について

尾張旭市・瀬戸市・長久手市・守山区で地域密着!

外壁塗装リフォームや屋根塗装リフォーム・防水工事はもちろん、外構工事や水廻り工事(内装工事)などのお家のリフォームなんでもお任せください!リメイクホームです。

 

最近は、ドローンを使って屋根の診断を行う業者も増えていますね。

実はリメイクホームでは社長含め講習をしっかり受けたスタッフが数名在籍している為、屋根の調査をドローンを用いて行うこともあるんです!

 

さて今日は、冬に外壁塗装リフォームを施工しても大丈夫なのか?についてお話していきたいと思います。

 

外壁塗装リフォームや小さなお困り事などのお問い合わせははこちらをクリック!

 

このページでわかること
 

 

冬の外壁塗装

結論からいいますと、冬場でも外壁塗装リフォームを行うことができます。しかし、必ず施工する上でルールを守る必要あります。

そのルールとは、気温が5℃以下の際は施工をしてはいけないと言うことです。これは、塗料のカタログの注意事項にも記載があります。気温が5℃以下で施工をしてしまうと、十分に乾燥ができず艶引けが起こる恐れがあります。また、雨や雪・結露が見らる日も施工ができません。

この『気温が5℃以下』『雨や雪・結露が予想される日』に気を付ければ冬でも外壁塗装リフォームを行うことが可能です。

 

冬の外壁塗装 メリット

冬に外壁塗装リフォームを行うメリットとして挙げられるのは、乾燥しやすいということです。

※平野部でかつ気温が氷点下にいかない日に限ります。

1年を通しても冬は湿度が一番低いため、塗料が乾きやすく工事がスムーズに進むことができます。

また、虫などが少ないことから、付着することが最小限に抑えられ仕上がりが綺麗と言うこともメリットとして挙げられます。

 

冬の外壁塗装 デメリット

一方、デメリットとして挙げられるのは、作業時間が限られてしまうことと気温が低いためしっかり乾燥する時間を設ける為、工期が長くなってしまうということが挙げられます。

冬は、日の入り時間が早いためその分作業時間が短くなってしまいます。

 

 

冬場の外壁塗装リフォームは避けたい方がいいと思う方が多いと思います。しかし、『気温5℃以下は施工しない』『雪や雨・結露がある日は施工をしない』などのルールを守れば品質も問題なく施工することが可能です。

 

尾張旭市・瀬戸市・長久手市・守山区で外壁塗装リフォームをご検討の際はリメイクホームまでお問合せください!

 

愛知県尾張旭市、瀬戸市 長久手市 名古屋市周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!もちろん内装、水まわり工事も承ります。相談、お見積りは無料です。

 

ページ上部へ