お見積もり・ご相談

電話番号: 0120-93-9716
Web相談・お見積もり
LINE相談はこちら

雨の日の外壁塗装!?影響はあるのか?

傘と雨

外壁塗装を行う際に『雨の日は工事が休みになる』と説明を受け疑問に思う方もいらっしゃると思います。

雨の日に塗装の工程を行ってしまうと不具合が起きてしまう可能性があるため、基本的に工事を進めることができません。

雨の日にどの工程が施工可能で、どの工程が施工不可能なのかしっかり把握しておくのが良いでしょう。そこで今日は、雨の日に施工が出来ない理由や雨の日に施工が可能な工程、施工が出来ない工程についてお話していきます。

外壁塗装や小さなお困り事などのお問い合わせはこちらをクリック!

 

雨の日に施工が出来ない理由

やっとの思いで外壁塗装の契約を行い、いざ足場を組んで施工するとなった時にどうしても雨の日と重なってしまう場合があります。基本的に雨が降っている日には塗装関係の工程はすべてストップしなくてはいけません。

理由としては、3点あげられます。

  1. 塗料メーカーの仕様書に施工を避けるべきと記載があるから
  2. 外壁塗装で使用される塗料は水性が多いため
  3. 施工する際の安全面

塗料メーカーの仕様書に記載されている

※水谷ペイント ナノシリコンW カタログから

塗料メーカーのカタログや仕様書には、『気温5℃、湿度85%以上の場合は塗装を避けてください。』とほとんどの塗料に記載されています。

湿度85%以上で塗装の工程を進めてしまうと雨や結露などが塗料に混ざってしまい不具合を発生してしまう可能性があります。雨の日は湿度が高いことから施工を避けるべきといえます。

外壁塗装で使用される塗料は水性が多いため

外壁塗装で使用される塗料は、水性塗料が増えてきています。

水性塗料は、塗料が乾燥しにくいという点があります。そのため湿度が高い雨の日は、作業効率や仕上がりが悪くなってしまいます。

※油性塗料を使用した場合でも塗装した箇所に雨水があったてしまった際には、やり直しが必要になります。

施工する際の安全面

足場は雨が降ると滑りやすくなります。

雨が降っている日に施工を進めてしまうと、施工中に足を滑らせてしまう可能性があり危険な状況になってしまいます。

安全面も考慮する必要があることから雨の日の施工は避けましょう。

ただし施工者の安全確保が可能な場合は、足場組や解体・高圧洗浄といった工程を進めることがあります。

 

外壁塗装や小さなお困り事などのお問い合わせはこちらをクリック!

 

途中で雨が降ってきたら!?

外壁塗装や屋根塗装の塗装の工程を行っている際に急に雨が降ってきたらどうなるのでしょうか?

その際は、作業を中断させることがほとんどです。その為、せっかく綺麗に塗装した箇所が雨に打たれてしまい、塗り直しになってしまう場合があります。業者としては、材料費と人工賃のダブルで損失が出るため、極力雨は避けたいですね。

工期が延びる

外壁塗装や屋根塗装などの塗装工事は、天気にどうしても左右されてしまい雨の日は作業を進める事ができません。

そのため、工事がストップした期間だけ工期が延びてしまいます。

また、昼から雨が降るという予報がでている場合は、塗装をしてから乾燥期間を設ける必要があるので最初から工事に入らず晴れていても休工と判断するときもあります。

一方、雨が降っても工事を進める事ができる足場組や足場解体・高圧洗浄は、最初にお話しした様に雨の日には足場が滑りやすいので安全確保ができた場合にのみ施工ができます。

自分自身も工事の予定を把握する為にも担当者としっかりとコミュニケーションを取りましょう。

追加料金が発生する!?

天気が悪く工期が延びてしまっても追加料金が発生することはありません。

しかし業者の中には、長期にわたって工事を終えた場合に追加金を請求されたというケースもあります。

冒頭でもお話しましたが、どうしても外壁塗装は天気に左右されてしまうという事を最初から分かっていることなので、事前に追加金が発生するのかどうか確認しておきましょう。

リメイクホームでは、天候により工期が延びてしまっても追加金を頂くことはありません。

 

外壁塗装や小さなお困り事などのお問い合わせはこちらをクリック!

 

業者選びが大事

作業をする男性

ここまでで雨の日は工事を進めることが出来ないことから『梅雨などの雨が多い時期は避けよう!』という考えにいなる方もいらっしゃると思います。もちろん、雨が多い時期を避けて外壁塗装や屋根塗装などの塗り替え工事を依頼しても良いでしょう。

しかし、どうしても雨の日を完璧に避けることはできません。そういった事から天候に応じて適切な作業を進めてくれる業者を選ぶことが大切です。

業者によっては『早く工事を終わらせたい』という理由から雨でも作業を進めてしまう業者もあります。品質にも影響が出てきてしまうので、業者選びは慎重に行いましょう。

まとめ

外壁塗装は工程によっては雨の日に工事を進める事ができません。

なぜなら塗装の工程を雨の日に進めてしまうと品質に影響が出てしまう可能性があったり、施工者の安全確保ができないからです。

ただし、施工者の安全確保が出来た場合にのみ足場組や足場解体・高圧洗浄といった工程は行うことができます。適切な施工方法を取る事で、外壁塗装の品質を保つことができます。

信頼できる業者を選定して、外壁塗装を依頼してくださいね。

 

【関連記事】

 

対応可能エリア:
愛知県全域(尾張旭市・瀬戸市・長久手市・名古屋市守山区・日進市・春日井市など)

 

ブログカテゴリ

その他リフォームについて

 

愛知県尾張旭市、瀬戸市 長久手市 名古屋市周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!もちろん内装、水まわり工事も承ります。相談、お見積りは無料です。

 

ページ上部へ