お見積もり・ご相談

電話番号: 0120-93-9716
Web相談・お見積もり
LINE相談はこちら

外壁塗装の見積書の注意点を解説!

そろそろうちも外壁塗装をやらなきゃな…と悩んで業者を探して最初に行うのが、見積りの依頼です。

いざ見積りを受け取っても、『業者ごとに表記方法が違うから理解できない!』『素人だから見積りを見てもわからない!』といって内容を確認せずに工事を依頼しようとしてませんか?

見積りは検討材料の1つだからこそとても大事な書類です。

今回は、見積りの大切さや見積りの読み方などを詳しく解説していきます。

これを読めば、良い見積りかどうか判断できるようになるでしょう。

 

外壁塗装や小さなお困り事のお問い合わせはこちら!

 

見積り内容を理解した方が良い理由

外壁塗装の見積もりは、どこの業者で依頼しても同じ内容で決まった見積書を提出される事はありません。依頼する業者ごとで記載方法や内容が異なります。

この業種に携わっている人であれば見積書を見れば内容を把握することは簡単です。しかし、そうでないとパッと見ただけではわかりません。

見積り内容をそのまま鵜呑みにはせず、どんな施工をしどういった塗料を使用するか等しっかり確認しましょう。

また見積書は、価格を納得したという証明書にもなりますが、業者がやるといった内容をやらなかった場合に『見積りに記載してある』という証明書になります。契約前に何度も見積り内容を変更した場合は、口約束ではなく変更内容が記載された新しい見積書をもらいましょう。

わざわざ毎回依頼するのは面倒ですし相手側に何度も悪いなと思うかもしれませんが、外壁塗装を失敗しないポイントに繋がります。

 

外壁塗装の見積もりチェックポイント

では、見積書のチェックポイントを解説していきます。

 

面積が数字で記載されているか

外壁塗装の見積もりを見る際に一番重要と言えるのが面積の記載が数値化されているかどうかです。

依頼した業者によっては、『一式』と表記している場合があります。この表記方法では、どこまで外壁や屋根の塗装を行うのか、シーリング工事はどこまで行うのかが明確ではありません。

また、施工されていないところをを指摘しても『見積りに記載してある通りここはやりません』と言われてしまう可能性も少なくはありません。

しっかりと『㎡(平方メートル)』『m(メートル)』と数字で記入されているか確認しましょう。

また、どういった面積の計算方法なのかも確認してみるといいかもしれません。

 

使用する商品名やメーカー名の記載があるか

続いてチェックするポイントとして挙げられるのが、使用する材料の商品名やメーカー名の記載があるかどうかです。

商品名やメーカー名が記載していないとどんな塗料を使用するのかが全くわかりません。これはとても危険です。

依頼した業者の見積書に使用材料の商品名やメーカー名が記載されてない場合は、再度記載したものを提出してもらいましょう。

 

工程が細かく記載がされているか

工事内容が各工程ごとに細かく記載されているものが良い見積書と言えるでしょう。

例:) 足場組・高圧洗浄・養生・下地処理・塗装工程(2~4回)・付帯塗装(樋・雨戸・水切り等)・廃材処理・諸経費・消費税など

冒頭でもお話しましたが、見積書に記載がないと後に何か問題でも起きた場合には見積り書が証明書の代わりになります。

必要項目はすべて見積り書に記載してもらいましょう。

また、これら各項目が細かく記載され面積なども数字で記載されている見積り書は、良い業者と言えるでしょう。

 

外壁塗装や小さなお困り事などのお問い合わせはこちらをクリック!

 

見積り例

では良い見積りとは実際にどんな見積りなのでしょうか?

ここでは一般的に良いとされる見積りと悪いと言われる見積書を比較していきましょう。

※ここで掲載される見積書の内容や単価・数字は明確なものではありません。ご自宅にあった工事内容・単価・数字は一度お問い合わせください。お問い合わせはこちらから→ 問い合わせはこちら

良い見積り書の例

摘要 型式 製造者名 数量 単位 単価 金額 備考
足場仮設 250 900

225,000

 
メッシュシート養生 250 150 37,500  
開口部ビニール養生 1   15,000  
高圧洗浄 182 150 27,300  
外壁下地調整 商品名 メーカー名 182 500 91,000  
外壁中塗り 商品名 メーカー名 182 1,200 218,400  
外壁上塗り 商品名 メーカー名 182 1,200 218,400  
下地処理(クラック処理) 1   10,000  
シーリング撤去 99 500 49,500  
シーリング打設 商品名 メーカー名 99 700 69,300  
小計1 961,400  
諸経費 1   20,000  
小計2 981,400  
消費税 10   98,140  
合計   1,079,540  
 

 

このように使用する材料や施工面積などが具体的に記載されている見積書は信頼することができます。

メーカー名や商品名の記載があると、後で自分で塗料について調べる事ができます。また工程が細かく記載されていることで、工事内容をより詳しく知ることができます。

外壁塗装のお得なプランはこちらをご覧ください。→お得な外壁塗装プラン

悪い見積り書の例1

摘要 内容 数量 単位 金額
足場仮設    1  式  262,500
塗装工事 シリコン塗料3回塗り 1  527,800
諸経費    1  式  20,000
合計     810,300

こちらの見積書では、工事内容が明確ではなく、数量もすべて『1式』となっている為、追加費用を請求される可能性が大いにあります。

 

悪い見積り書の例2

品名 数量 単位 単価 金額
足場仮設 250 900 225,000
メッシュシート養生 250 150 37,500

開口部ビニール養生

1   1,500
外壁下塗り 182 500 91,000
外壁中塗り 182 1,200 218,400
外壁上塗り 182 1,200 218,400
小計   739,300
諸経費 1   20,000
小計2   811,800
消費税 10 %   81,180
合計   892,980

こちらの上記の見積書は一見問題なさそうに見えます。

しかし、商品名やメーカー名が記載されていません。見積書を受け取った後に商品を調べる事もできませんし、実際にどれぐらいの価値があるものが使用されるのかが全くわかりません。

 

上記3種類の見積もり例を見ても分かるように、悪い例の見積書は良い例の見積書と比べて内容や数量が細かく記載されていません。そのため、どこまで施工するのか、どういった商品で施工するのかがわかりません。また、こういった見積書を提出され口頭で何をするのか説明を受けたとしても『言った言わない』のやり取りになってしまうため、必ず内容など記載した書面を提出してもらいましょう。

 

まとめ

外壁塗装の見積書を見る際のチェックポイントについてお話させて頂きました。

金額はもちろん大切な項目ですが、金額以外の使用する商品や施工面積などをしっかりとチェックする必要があります。上記に上げたチェックポイントを理解していれば、相見積もりをした際に見積り書の内容を比較したり疑問に思った際に業者に質問することが可能です。

大きな金額を払って人生で数回しか施工しない外壁塗装なので、自分なりにしっかり比較し信頼できる業者に依頼してください。

 

対応可能エリア  尾張旭市・瀬戸市・長久手市・名古屋市守山区

 

ブログカテゴリ

その他リフォームについて

 

愛知県尾張旭市、瀬戸市 長久手市 名古屋市周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!もちろん内装、水まわり工事も承ります。相談、お見積りは無料です。

 

 

ページ上部へ