お見積もり・ご相談

電話番号: 0120-93-9716
Web相談・お見積もり
LINE相談はこちら

玄関ドア交換工事について

尾張旭市・瀬戸市・長久手市・守山区で地域密着!

外壁塗装工事や屋根塗装工事・防水工事はもちろん、外構工事や水廻り工事(内装工事)などのお家のリフォームなんでもお任せください!リメイクホームです。

 

今回の玄関ドアリフォームは、既存の玄関ドア枠組みを利用し、新しくに交換するエコな施工方法です。

(現状の玄関によっては、その工法が出来ない場合も稀にあります。)

メーカー及び商品名は「LIXIL リシェント」と「三協アルミ ノバリス」で施工しました。

 

玄関ドアの交換をする方法は大きく分けて2つあります。

 

玄関ドアの交換や小さなお困り事などのお問い合わせはこちらをクリック!

 

 

玄関ドアリフォーム方法

既存玄関を撤去して新しく枠組みを作り直す方法。

〇メリット

・玄関の開口を大きく出来る。

・採光が取り入れやすくなる。

・玄関ドアの性能によって防犯性を向上出来る。

・引き戸から開き戸、開き戸から引き戸、どちらでも変更可能。

×デメリット

・費用が高くなる。(外壁の修繕が必要になる為。)

・工期が場合によっては2~3日かかる。

・枠を壊した跡が残ってしまう。(外観に影響するのでお家全体のバランスを考えないといけなくなります。)

既存玄関の枠組みを利用しての玄関交換。

〇メリット

・工期が1日が終わる。

・採光が取り入れやすくなる。

・費用を抑えられる。(外壁の修繕等が必要無い為)

×デメリット

・開口部が小さくなる可能性があります。

・靴摺り(くつずり)に段差が出来る可能性がある。

施工前・施工後(三協アルミ・ノバリス編)

施工前

施工後

ラインアップ|玄関リフォーム ノバリス 玄関ドア|三協アルミ (st-grp.co.jp)

↑三協アルミラインナップ

商品はメーカーによって様々あり、特徴もあります。

↑※現状の細かい採寸や、基材の収まり具合の確認。現状の状態や収まり具合によっても金額に違いが多少影響します。

施工前・施工後 (LIXIL リシェント編)

施工前

施工後

LIXIL | 玄関まわり(玄関ドア、玄関網戸、ドアノブ、玄関収納、親子ドア 等)

↑ リクシルラインナップ

施工風景

撤去前

撤去後

外枠取付中

外枠取付中

外枠取付中

取り付ける際も、ただ単に取り付けるのではなく、傾きなど様々な部分に気を付けながら取り付けていきます。

水平器等、色んな道具を使用していきます。

↑(築年数が立っているお家ほど、家が微妙に傾いたり、下地部分が痛んだりと様々な理由が上げられます。)

鍵取付

シーリング、その他

完成

 

玄関は建物内であたためられた熱が、多く逃げていく場所です。

玄関ドアの断熱性が低いと、夏は暑く、冬は寒い家になってしまいます。

せっかくリフォームをするのですから、断熱性も考慮して、快適に過ごせるドアがおススメです。

ドアの種類以外にも、ドアノブや鍵など、様々あります。

玄関ドアは毎日開け閉めを行うものになります。

特にドアノブや取っ手は、使い勝手もそうですし、防犯機能、施錠機能も昔に比べかなりパワーアップしています、

様々な商品を見比べて下さい。

注意点

幅と高さが変わる

既存の枠組の上から被せるように、新しいドアの枠組みを装着するため、「既存ドアのよりも」サイズが小さくなってしまいます。

サイズ的には、幅で約5cm、高さで約3cm。

バリアフリーの改修基準は、有効開口で750mm(75cm)ですので、仮に既存ドアで目一杯使用する必要があるという方は注意が必要です。

特に幅が5cm小さくなると、車椅子を使用している方だと、車椅子などが通れなくなる可能性もあります。

ただし、大小サイズの異なる扉を組み合わせた親子ドアや、ドアの横に窓のようなものを取り付けた袖付きドアの場合は、心配する必要はありません。

メインとなるドアの幅はそのままで、サブ扉や袖といった小さい方のドアや窓のサイズを調整することができるからです。

扉1枚のみの片開きドアの場合は、幅の影響を受けやすくなります。

下枠部分に段差が付くことがある

ドアの下枠立ち上がりが20mm未満の場合、段差が付くことがあります。

この現象は、古いドアの場合に多いようです。

幅の時と同様に、段差によって車椅子やベビーカーの乗り入れなどが不自由になる場合は、段差緩和材を入れてつまづかないようにするなどの対策が必要です。

ドアのサイズ変更が難しい

カバー工法は既存の玄関ドアの枠組みに被せますので、基本的に既存の枠組みより大きいサイズのドアを取り付けることはできません。

例えば、片開きドアから親子ドアにしたいといった工事、枠組みのサイズを大きくしないといけませんので、カバー工法によるリフォームは出来ないです。

既存の枠組みよりも大きなドアを取り付けたいという場合は、カバー工法ではなく、壁を壊して新規枠組みの装着をする必要があります。

 

過去掲載ブログ

玄関ドアカバー工法(リシェント) | 外壁塗装のリメイクホーム – 尾張旭/瀬戸/長久手/守山/多治見エリアの屋根修理塗装&防水工事 (remake-home.co.jp)

 →メリット・デメリットについて

【瀬戸市】玄関ドアリフォームをしました! | 外壁塗装のリメイクホーム – 尾張旭/瀬戸/長久手/守山/多治見エリアの屋根修理塗装&防水工事 (remake-home.co.jp)

 →玄関ドアカバー工法とは

【尾張旭市】玄関ドアリフォーム 玄関ドアカバー工法 | 外壁塗装のリメイクホーム – 尾張旭/瀬戸/長久手/守山/多治見エリアの屋根修理塗装&防水工事 (remake-home.co.jp)

 →玄関ドアカバー工法のご紹介

 

玄関ドアリフォームを尾張旭市・瀬戸市・長久手市・守山区でご検討の方はリメイクホームまでお問い合わせください!

 

各リフォームについて

外壁塗装料金プラン

屋根塗装料金プラン

屋根カバー工法のメリット

防水工事について

玄関ドアカバー工法(リシェント)について

 

愛知県尾張旭市、瀬戸市 長久手市 名古屋市周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!もちろん内装、水まわり工事も承ります。相談、お見積りは無料です。

 

 

 

ページ上部へ