お見積もり・ご相談

電話番号: 0120-93-9716
Web相談・お見積もり
LINE相談はこちら

外壁塗装の一般的な流れとは?失敗しないためのポイントなど解説

 

外壁塗装では、スケジュールを立てやすいように、全体の流れも知っておくといいでしょう。流れを知っておけば、悪徳業者に引っかからないように対策もできます。とくに、近隣の挨拶はトラブルを防ぐために必須の作業です。ぜひ流れを知って、余裕のあるスケジュールを立ててみてください。

外壁塗装の一般的な流れとは?

外壁塗装は建物を守るために必要ですが、かなり時間がかかる工事です。単に塗って終わりというわけではなく、さまざまな工程があります。もし外壁塗装をするのなら、まず工事の全体の流れを知っておきましょう。

流れがわかればスケジュールも立てやすくなり、より安心して工事をおまかせできます。

工事前に近隣に挨拶

外壁塗装では工事中に騒音の問題がでないように、約1週間前から、近隣住宅に挨拶が必要です。工事中は騒音以外にも塗料の匂いなどが発生し、近くの住人に迷惑をかける恐れもあります。

先に工事期間に「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」と伝えておけば、心証もよくなるでしょう。住宅街ならなおさら挨拶は必須です。

足場設置のポイント

足場の設置では、家主立ち合いの元障害物の撤去から始まります。外壁塗装では高所で作業することもあり、安全面は確保しなくてはいけません。足場の組み立ては国家資格がいるほどの難解な作業です。

足場の組み立ては必須の作業なので、ある程度音がしても我慢しましょう。

高圧洗浄で汚れを落とす

塗装をするには、表面がきれいでなくてはなりません。そのため塗装の前に、高圧洗浄機を使って、汚れやコケ、埃などの除去作業が行われます。汚れが残っている状態で塗装をすると、仕上がりが汚くなるだけでなく、塗装が剥がれる原因にもなります。

下地処理と養生

もし古い塗装にひびやサビがある場合、補修する下地処理が必要になります。下地処理がないと、仕上がりもきれいにならず、劣化しやすくなるなどの問題が出るので必須の作業です。下地処理が終われば、塗装しない部分にシートをかけて養生します。養生シートをかけてしまうと、住人は窓を開けられなくなるので注意が必要です。

もしどうしても窓を開けて換気したいなら、その旨を業者に伝えれば対処してくれるので安心してください。

塗装の下塗り

外壁塗装ではまず下塗りから始め、中塗りと上塗りの順序で行われます。下地と上塗りなどの密着度を上げるために必要な作業なので、塗装技術が問われる部分です。

中塗りと上塗り

下塗りが完了したら、乾燥を経て中塗りが始まります。中塗りが終わった後は、また乾燥の工程を経て、今度は上塗りです。上塗りが終ればほぼ塗装は完了ですが、この時点で外壁がきれいに塗装されているのがわかります。

完了検査を実施

すべての作業が完了すれば、最終チェックの完了検査が実施されます。塗り残しや塗料の飛び散りがないかなど詳しくチェックされます。完了検査には家主の立ち合いが必要です。立ち合いがないと、引き渡し後のトラブルに早く対応できません。

できれば日程の都合をつけて、立ち合いに臨みましょう。

足場を解体して完了

検査が終われば、足場を解体して完了です。足場は設置も解体も大きな音がするので、気になるなら時間帯などを確認しておきましょう。足場の解体が終れば、外壁塗装も完了です。もし保証書などをもらえる場合は、忘れずに受け取ってください。

工事で失敗しないためのポイント

工事で失敗しないためには、どの段階まで進んでいるか、また塗装の状態などを、家主が確認する必要があります。とくに塗装の状態がわかりやすい昼間にチェックしておけば、悪徳業者に引っかからずにすむでしょう。

作業風景をチェック

作業風景を家主がチェックすれば、作業員に対する抑止力にもなり、ある程度の失敗は防げるでしょう。作業員の視線が気になる方もいますが、高い塗装費用をかけているのですから、剥がれなどの失敗は防ぎたいものです。作業の確認は家主の義務でもあります。

昼間に塗装を確認

仕事をしていると昼間の確認も怠りやすいですが、出勤前などに状態確認はできるはずです。帰宅後の遅い時間帯では、塗装の状態もチェックできません。塗装がスムーズに行われているかを確認し、証拠としてカメラで写真を撮っておくのもいいでしょう。

作業ミスを防ぐには?

営業担当者と作業員の間の伝達がされていないと、作業ミスにも繋がります。一日の作業が終わった時点か作業中に、作業員にどこの塗装をしているかの確認も必要です。工程のずれも確認できるので、ぜひやっておきましょう。

外壁塗装中の生活で気をつけたいこと

外壁塗装中は、屋外で洗濯物を干すことができません。ベランダや庭などにも洗濯物は干さないようにしましょう。汚れがつかないようにする理由もありますが、作業の邪魔になりかねないからです。

もし家の中に干す場所がないなどのときには、コインランドリーの利用も考えてください。

窓を開けるときは注意

養生の際に業者に伝えておけば、工事中も窓をあけられます。ただいつでも好きなときに開けられるわけではないので注意しましょう。とくに、足場の設置や高圧洗浄の最中などは窓が開けられないと思ってください。

工事のスケジュールはどこで確認?

もし工事内容のスケジュールを知りたいなら、工事工程表を見せてもらいましょう。ただ雨が続くなど天候によっては、スケジュール通りに工事がされるとは限りません。もしスケジュールが遅れた場合は工程表も修正されます。気になる方は修正後の工程表も見せてもらえば、安心できるでしょう。

まとめ

外壁塗装の一般的な流れや失敗しないために家主がすることなど、ご紹介してみました。外壁塗装は費用も時間もかかる工事です。近隣住人とのトラブルが起きないように、挨拶まわりなども忘れないようにしましょう。流れがわかれば、スケジュールも立てやすくなり、作業がどの程度終わったかも確認できます。詳しい流れを知りたい場合は、工事の工程表をもらうのもおすすめです。

もし外壁塗装業者をお探しなら、ぜひ一度「株式会社リメイクホーム」にご来店ください。外壁塗装の実績もある当店で、外壁がきれいに甦るようにお手伝いをします。ご用命の際はお気軽にお問い合わせください。

ページ上部へ