お見積もり・ご相談

電話番号: 0120-93-9716
Web相談・お見積もり
LINE相談はこちら

家のメンテナンスは必要?時期や必要性を解説!

尾張旭市・瀬戸市・長久手市・守山区で地域密着!

外壁塗装工事や屋根塗装工事・防水工事はもちろん、外構工事や水廻り工事(内装工事)などのお家のリフォームなんでもお任せください!リメイクホームです。

 

人生でマイホームを持つことを夢見る方はたくさんいらっしゃいます。住宅の購入は人生で一番大きな買い物であり、マイホームが手に入った時にはこれからの生活を充実させよう!なんてそんな気持ちになると思います。そんな気持ちをずっと持ち続ける為にも家のメンテナンスは必要不可欠です。長年夢見たマイホームを少しでも長く住めるように計画的にメンテナンススケジュールを立てる必要があります。

では、どんなようなメンテナンスが必要でどんなタイミングで行う必要があるでしょうか?

今日はメンテナンスの時期や必要箇所をご紹介していきたと思います。

 

家のメンテナンスのお問い合わせはこちらをクリック!

 

このページでわかること

 

メンテナンス必要箇所

まずは戸建て住宅でメンテナンスが必要な箇所をご紹介したいと思います。

家の外側

外壁屋根防水白アリ樋交換 など

外壁や屋根・ベランダ防水や屋上防水は経年劣化など起きても気づきにくく、住んでいて支障がないことや大きな費用が掛かることからメンテナンスを後回しにしがちです。しかし家の外側が傷んでしまうと雨漏りの原因に繋がってしまうので定期的なメンテナンスが最も必要と言える箇所になります。外壁や屋根のメンテナンスを後回しにしてしまいがちですが、傷みが大きくなるに連れ余分な費用が掛かってしまうケースがあるのでできるだけ早めに検討だけでもしましょう。

家の内側

浴室トイレキッチンなどの水廻り給湯器やコンロ等の住宅設備機器の交換フローリングやビニールクロスの張替 など

特に水廻り工事は毎日の生活を送る上で必要不可欠な場所です。日々問題なく使用することが可能な間は経年劣化に気づきにくいですが、少しでも不調を感じることがあれば故障で使用出来なくなるリスクに備えて設備の点検を行うか、早目の交換することをおすすめ致します。

 

メンテナンスの必要性

冒頭でも少しお話しましたが、住宅を購入した後はいずれかのタイミングでメンテナンスが必要になります。住宅の美観を保つだけではなく、住宅の躯体を守り建築物の寿命を延ばす為です。

特に外壁や屋根・防水工事は雨漏りやシロアリ等から家を守り住宅の寿命を延ばす為に、定期的なメンテナンスがとても重要になります。

住宅の外壁・屋根・防水は常に紫外線や雨・風などが直接当たり続けています。そのため外壁等の外装材は日々劣化し続け、放置していると気づいた時には劣化が激しく簡易メンテナンスが出来ず手遅れになっているというケースも少なくはありません。特に戸建て住宅はオーナー様がご自身で計画を持ってメンテナンスを検討をする必要があります。

 

メンテナンスが必要な部位・またその時期は?

では劣化が激しく重要性の高いことから外装をメインに、メンテナンスが必要な部位とその時期について写真を添付して一つ一つ説明させて頂きます。

築10年ごろ

写真1

写真2

写真3

写真1について

外壁の表面を手で擦ると手に粉が付く現象(チョーキング現象)が起きてきます。チョーキング現象は防水効果が切れている状態で再塗装が必要になっている状態と言えます。再塗装を怠ると外壁材の劣化が進行し外壁自体にひび割れや剥離、変形が起きてしまいそれが原因で雨漏りすることがあります。

 

写真2について

外壁と外壁のジョイント部分に設置している防水材(シーリング材)が劣化してひび割れが入ってきている写真です。シーリング材はゴム質の性質で紫外線等で劣化し柔軟性を失っていきます。やはり10年くらいするとこのような現象が起きて参ります。こうなるとひび割れの隙間から雨水が侵入してしまい外壁材や躯体を大きく痛めてしまう原因になります。

 

写真3について

屋根の上を高所カメラで撮影した結果、屋根材(カラーベスト)の防水効果が切れてしまいひび割れが入ってしまった写真です。屋根材が割れても屋根材の下の防水シートが雨を受け止めてくれる構造になっているので、すぐには雨漏りしないと思いますが、知らず知らずのうちに雨や紫外線がお家にダメージを与えてしまっているので専門の業者に点検を依頼してみてください。

 

★外壁や屋根など点検は築10年を目途に一度点検することをお勧めします。リメイクホームでは、経験豊富な診断士が外壁や屋根の診断を無料で承っております。また工事をするしない別でも診断書の作成とお見積りの作成も無料で承っております。お気軽にお問い合わせください。

お見積もり・ご相談 | 外壁塗装のリメイクホーム – 尾張旭/瀬戸/長久手/守山/多治見エリアの屋根修理塗装&防水工事 (remake-home.co.jp)

 

築15年~20年ごろ

外壁や屋根・防水工事など、ほとんどのお宅でメンテナンスが必要になる時期に入ります。

紫外線や雨水・風などの影響から、外壁材や屋根材などの基材にヒビが入ったり浮いてしまったりという誰が見ても分かるような劣化が発生します。

シーリング材の劣化も年数と共に激しくなり、劣化したシーリング材自体なくなってしまうお宅もあります。シーリング材がなくなってしまうということは、建築物の隙間に穴を空けてしまっている状態なので、雨水や湿気などが壁の中に入りやすい状態になっています。入った水が直接的に部屋の内部に侵入し雨漏りする可能性は低いですが、放っておくとその可能性は高くなり雨漏りに繋がってしまうので注意必要です。

外装の傷みが大きくなる前にメンテナンスをしましょう。

 

築30年ごろ

 

築30年ごろになると経年劣化や老朽化が進み、外壁塗装では負えなくなる可能性があります。特に傷みが激しくなればなるほど塗装では手に負えず、外壁の張替工事や屋根の葺き替え工事が必要になってきます。築30年で一度もメンテナンスをしていないけど、雨漏りしていないから大丈夫と思われている方もいるかもしれません。しかし、表面では何も起きていなくても、目に見えないところで何かしら起きていることがあります。マイホームを守るためにも一度、点検だけでもしてみてください。もしかすると大きな修理が必要にならずに済むかもしれません。大切なお家の為にメンテナンスの検討をしてみてください。

 

外壁の劣化についてご紹介

こちらの記事では、外壁の劣化についてご紹介させて頂いています。ご自宅の劣化と比較してみてください。

外壁の劣化放置しないで!症状など解説! | 外壁塗装のリメイクホーム – 尾張旭/瀬戸/長久手/守山/多治見エリアの屋根修理塗装&防水工事 (remake-home.co.jp)

 

住宅設備機器についてメンテナンスの時期

住宅の代表的な設備機器と言えば給湯器が挙げられます。給湯設備は故障するとお風呂のお湯が沸かせずにとても困ることになります。給湯設備機器は早い場合で7~8年で寿命を迎えることもあり、設備機器が故障してからでは生活に支障を起こしてしまうので、完全に壊れてしまう前に交換の検討をできるだけおすすめします。2021年秋以降は半導体不足で給湯器が非常に入手しにくい状況になっており、万が一給湯器が不調だと感じている方がいらっしゃればお早めにお取り寄せを依頼してください。当社では9万円ほど~のコストで交換が出来ます。

 

まとめ

戸建住宅は自分でメンテナンスの管理をする必要があります。工事には大きな費用が掛かる為、いつのタイミングで工事していくかは計画性を持って進めることが大切です。特に外壁塗装や屋根塗装などは住宅を紫外線や雨水から確実に住居を守ってくれます。お家時間も増えた昨今、有意義な時間をご自宅で過ごす為に定期的な点検を行い、メンテナンスをすることを心掛ける必要があります。

『自分ではどうしたら良いかわからない・自分では管理しないといけないけど難しい…』という方はタイミングなどを案内してくれる業者にお願いすると安心です。

リメイクホームでは、アフターメンテナンスにも力を入れています。トータルリフォームも行え、長いお付き合いをさせて頂くことができます。

色々な業者に問い合わせするのは面倒・都度新規の業者を探すのは不安だ』という方は当社リメイクホームまでお問い合わせください。

住まいをトータル的にサポートさせて頂きます。

 

愛知県尾張旭市、瀬戸市 長久手市 名古屋市周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!もちろん内装、水まわり工事も承ります。相談、お見積りは無料です。

ページ上部へ